抗男性ホルモン剤についてと男性ホルモンとの上手な付き合い方を模索していくことで健康的な生活に近づくことが出来ると思います。

抗男性ホルモン剤についてと男性ホルモンとの上手な付き合い方を模索していくサイト

抗男性ホルモン剤について

抗男性ホルモン剤と現在の医療現場について知っておこう

投稿日:2016年10月24日 更新日:

抗男性ホルモン剤はさまざまな治療に用いられているのですが、医療現場においてはどのような症状に使われているのかなどという部分についてはご存じない方もいらっしゃることと思います。そこで、今回は抗男性ホルモン剤の使用例について掲げていきたいと思います。

■抗男性ホルモン剤とは
抗男性ホルモン剤は別名「抗アンドロゲン剤」とも呼ばれています。男性ホルモンであるアンドロゲンの働きを抑える作用をもつ薬剤となっています。主に、前立腺に関する疾患に用いるケースが多いでしょう。

■前立腺肥大症
具体的な薬剤名を掲げると、プロスタール・パーセリンなどといった抗男性ホルモン剤が処方されます。肥大した前立腺を元の大きさに戻すという作用が期待できるのです。前立腺に使われる対症療法剤のα遮断剤とは異なる効果を示すものとなっているのです。

しかしながら、副作用が出やすいということもあり、機能性・肝機能の低下などという部分についても配慮をして取り入れなくてはなりません。

■前立腺がん
男性ホルモンの影響で大きくなってしまう前立腺がんにたいする治療にも用いられています。増殖を抑制するという目的が主となり、転移したものにおいても有効的とされています。さらには、出来た腫瘍にたいする骨の痛みを和らげる作用もあるでしょう。

副作用としては、機能性低下や胸の痛みや膨張・ほてりなどもでてくるでしょう。

■医療現場で活躍する抗男性ホルモン剤
今回は医療現場という部分に焦点をあてて考えていきました。前立腺に関係する疾患に対して多く用いられているのがお分かりいただけたのではないでしょうか。医師の診断の元、正しく使用していくことによって副作用も最小限に抑えて進めていただくこともまた可能でしょう。

-抗男性ホルモン剤について

Copyright© 抗男性ホルモン剤についてと男性ホルモンとの上手な付き合い方を模索していくサイト , 2017 AllRights Reserved.