抗男性ホルモン剤についてと男性ホルモンとの上手な付き合い方を模索していくことで健康的な生活に近づくことが出来ると思います。

抗男性ホルモン剤についてと男性ホルモンとの上手な付き合い方を模索していくサイト

抗男性ホルモン剤について

抗男性ホルモン剤の成分とはどのようなものなのかについて

投稿日:2016年10月11日 更新日:

抗男性ホルモン剤は医療現場でも用いられているホルモン剤です。ホルモン剤といってもさまざまな種類があり、医薬品成分もそれぞれ異なったものとなっているのです。今回は、抗男性ホルモン剤の医薬品成分という点に着目していきましょう。

■エチルニエストラジオール
こらちは、女性の卵胞掘るマンの一種であるエストロゲンのことをいいます。男性ホルモンを抑制させてホルモンバランスを整えるため有効的な成分であるといえるでしょう。

■シプロテロンアセテート
男性ホルモンを抑制する効果があり、抗男性ホルモン剤などに使用されている主成分でもあります。比較的に作用が強いといわれていますので、副作用も強いものとなっています。

■ノコギリヤシ
植物の1つです。この実を乾燥させたものを取り入れることで、勢力回復や健康維持にも効果があるといわれており、市販の医薬品成分にも含まれている場合があります。

■クロルマジノン酢酸エステル
黄体ホルモンに含まれている成分です。生理不順・無月経・不妊症などの症状に効果的であるといわれています。さらには、男性ホルモンを抑制する効果も期待できるでしょう。

■アリルエストレノール
前立腺を小さくする作用があります。前立腺肥大症の治療薬として効果を発揮する成分でもあるのです。高用量で男性ホルモンを抑制する効果があります。

■成分を知ること
なかなかホルモン剤の成分を知る機会は少ないかと思いますので、改めて認識をしておくというのもよいかと思います。実際に取り入れているという方は特に覚えておくと安心と理解にもつながることでしょう。こうした成分的な側面においても医師に質問をすることは可能ですので、気になる方は相談をされてみてはいかがでしょうか。

-抗男性ホルモン剤について

Copyright© 抗男性ホルモン剤についてと男性ホルモンとの上手な付き合い方を模索していくサイト , 2017 AllRights Reserved.